猫を飼う時にかかる初期費用は?揃える物と合わせて紹介

SHARE

猫を飼う時にかかる初期費用は?揃える物と合わせて紹介

 

あなたは、猫を飼うときにどれくらいも費用がかかるのかを知っていますか?

「猫を飼いたい!」と思っても、はじめて猫を迎えるとなると不安ですよね。

猫にとってはあなただけが、たよりの存在。いざ猫を迎えたときにあたふたしないように、事前にある程度把握しておきましょう。

今回は、猫を飼うときにかかる初期費用はいくらなのか、わかりやすくまとめていきます。これから猫を迎える方や、いつかは猫と暮らしたい方はぜひ参考にしてくださいね。

猫を飼う時にかかる初期費用

猫を飼うときに、まっさきに気になるのがかかる費用ですよね。

猫を飼うときは、猫の購入費用以外にも買いそろえなければならないものがいくつかあります。猫を1匹飼うには最初にどれぐらい費用がかかるのか、まとめてみました。

  • ケージ:10,000円
  • キャリーケース:3,000円
  • 食事用の食器:各300円
  • トイレ本体とトイレの砂:2,500円
  • キャットフード: 2,000円
    平均合計金額⇒18,100円

猫を飼うときに必要なもの

合計金額の平均は、約18,100円です。それでは、必需品についてこまかくみていきましょう。

ケージ(10,000円)

猫は好奇心が旺盛なので、留守の間に電気コードをかじることや、たかいところに上りすぎておりられなくなることも。

いつもケージに入れておく必要はありませんが、料理中など猫の動きがみられない時や留守の間などに事故をふせぐためにもケージを購入しておきましょう。8,000~20,000円ほどで購入できます。

キャリーケース(3,000円)

猫を飼った場合、健康診断や予防接種などで動物病院に連れていかなければなりません。そこで必要なものがキャリーケースです。災害時に避難するときにも、役にたちます。

毎日必要なものではありませんが、とくに子猫や飼い始めの時期は動物病院に行く機会も増えるので早めに用意しておいた方が良いでしょう

キャリーケースは、キャスター付きのタイプや、肩から斜めがけするタイプ、リュックタイプなどいろいろあるので、自分の好みを探してみましょう。

食事用の食器(各300円)

食器は、ご飯用と水の飲み用の2種類が必要となります。

選ぶポイントはこの3つ。

  • ある程度重い
  • ある程度の大きさがある
  • 縁がある

軽い食器だと猫が食べているときに動く可能性がありますし、縁がない食器だと食べている間にこぼれてしまう恐れがあります。

また、ある程度広い食器でないと、猫のひげが食器に当たってしまうこともあります。猫はひげに何かが触れることを嫌がる動物なので、ひげに触れないようなある程度の大きさがある食器を選んであげましょう。

トイレ本体とトイレの砂(2000円+500円)

広さや深さなど、その猫に合ったトイレを用意してあげると、猫がその場所がトイレなのだということを覚えやすくなります。

飼い主が掃除しやすいというトイレを選ぶのもおすすめです。購入したら意外と大きくて置けなかったということのないように、配置予定のスペースは購入前に測っておきましょう。

また、猫を飼うならトイレの砂は欠かせません。ホームセンターやペットショップなどに行くと、トイレ本体とトイレの砂がセットになっているものありますよ。

キャットフード(2,000円)

ペットショップなどには安いものから高価なものまでたくさんあり、種類もドライフードとウェットフードの2種類です。

子猫の場合は、専用のミルクやウェットフードもあります。猫にも好みがあるので、数種類試してみて猫の食いつき具合を観察してみましょう。

猫を飼う時に絶対に必要な物・グッズ

次は、上記以外に、猫を迎えるときに絶対に必要な物を紹介しますね。こちらも早めにそろえてあげましょう。

爪とぎ

爪とぎをするのは猫本来の習性です。猫の爪とぎで部屋の置物が壊れないようにするためにも、しっかりと爪とぎを用意しておきましょう。

爪とぎは、価格は1,000円ほどからで、マット式やタワー式など種類もいろいろ。段ボールを爪とぎ用にリサイクルする方法もあります。

爪切り

爪が伸び放題だと、巻き爪になって肉球に刺さってしまい、痛みで歩けなくなることもあります。

そのため、屋内飼いの猫は定期的に爪切りをする必要があります。子猫と成猫は爪の硬さが異なるため、爪切りを使い分けましょう。

ベッド

一緒に寝たい気持ちもわかりますが、猫は寝る時間が多いので、専用のベッドを用意してあげましょう。猫が好きな寝床は『暖かくて安全で狭い場所』。

猫にとっての安全とは、高いところにあるということなんです。

そのため、猫のベッドを用意するときは地上から少し高いところに用意してあげましょう。最初は興味がなさそうでも、いつのまにか猫のお気に入りの場所に、なんてこともあるので2,3個用意してあげると猫がよろこびますよ。

猫を飼う時にあったら便利なグッズ

次は、のちのちに必要となるものや、あったら便利な猫グッズを紹介します。

おもちゃ

狩猟本能を掻き立てるネズミ型や鶏の羽が付いた猫じゃらしや、前脚で遊べるボール型など、いろんなタイプのおもちゃがあります。

おもちゃの好みは、猫によってもさまざま。いろいろなタイプのおもちゃで遊ばせて、好みのおもちゃを探っていきましょう。

キャットタワー

猫のストレス解消に効果的なのがキャットタワーです。ハンモック型から縦に長いポール型まで、バリエーション豊かに展開しています。

運動不足の解消にもつながるので、ぜひ1つは用意してあげたいですね。

首輪

飼い猫が外に逃げてしまうと、はたから見れば野良猫なのか飼いネコなのか見分けがつきません。危険な外の環境から早く見つけてあげるためにも、首輪はつけておきましょう。

「うちの子は大丈夫」という過信をするまえに、思いがけない事態に備えておくのが飼い主の務めです。最近の猫の首輪はかわいいものやオシャレなものもたくさんあるので、愛猫に似合うものを探すのもたのしいですよ。

コロコロ

猫は毛がかなり抜けやすく、なでたり、抱っこしたりするだけで毛が抜けます。とくに換毛期には抜け毛が増えるため、洋服に大量につくことは避けられません。

そういったときにコロコロがあると外出前などに手軽に毛を取ることができるんです。気が付いたときに抜け毛を掃除できるので、本当に便利ですよ。

ウエットティッシュ

ウエットティッシュは本当に大活躍します。

  • フードの食べカスが落ちているとき
  • 猫の目ヤニや、お尻についたうんちを拭き取るとき
  • トイレの本体が汚れているとき

このように、いろんなときにサッと取り出して簡単に拭き取れるので、優れものなんです。ただし、ウエットティッシュはペット用に物を購入しましょう。

市販のウエットティッシュにはアルコールが余分に含まれている可能性があるので使用は避けましょう。

まとめ

猫を飼うときにかかる初期費用の平均金額は、約18,100円です。新しい家族を迎える場合、必要なものをそろえなければならないので初期費用はそれなりに必要です。

けれど、一度そろえてしまえば、あとは消耗品の出費だけですからね。猫を飼いたいと考えている方は、費用の面も含めてしっかりと準備してから迎えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です